ご来場ありがとうございました!

天候が読みづらい週だったにもかかわらずたくさんの方がご来場下さり、喜びもひとしおの受注会となりました。 9月の神戸に続き初の2ヶ月連続イベントで当初どうなること […]

About stones(25)ラピスラズリ

和名は「瑠璃」(るり)ですね。 画家フェルメールが、このラピスラズリを顔料に数々の傑作を描き上げた話はとても有名。 当時はよほどの財力がなければ手に入れることす […]

…About stones(24)インカローズ

別名「バラ輝石」とも呼ばれ、確かにローズピンクの花びらのようですが…私はいつも‘赤ちゃんの粘膜色’と思ってしまいます(笑) 赤ちゃんの唇とかお口の中ってほんとに […]

…About stones(23)レッドアゲート(赤めのう)

東洋的な趣のある赤、でしょうか。 艶やかな漆にも似た半透明な赤色には、派手かな?と思わせておきながら不思議な安心感もあります。 すべての人の中に巡る、血液の色で […]

…About stones(22)ブルーアパタイト

この石の印象を一言で表すとすれば…「少年」なのですが、おそらく本物の少年ではなく。 ショートヘアのボーイッシュな女の子!ほら、ジブリアニメの主人公みたいな。 ピ […]