横浜トリエンナーレ


横浜みなとみらいで行われているアートのイベントに行ってきました。
多種多彩な現代美術がてんこ盛り。
大量の人工ダイヤの中に、たったひとつ本物のダイヤが埋もれている(らしい)・・・気の遠くなりそうな作品。
黄金に輝く壁画、と思いきや近づいてよく見ればなんと数万個の画びょうだった(笑)。
製作過程を想像するだけでこちらの親指も痛くなってしまいます!

意図がよくわからないなぁって作品や暗いムードの展示も多い中、単純に明るく、きれいなものの前でホッとしてしまう自分に気づき、”人として奥深さが足りないのかな?”と一瞬考えたりもしましたが・・・。
でも、何にせよ輝くこと、輝かせることを志向して生きていければきっと間違いなし、って思うので、トリエンナーレ、ありがとう!

Leave a message

*fields are required.

*


CAPTCHA

*

*

Confirm your input and press "Submit" button.