受け取る・放つ


お客様から尋ねられることの多いご質問に「ブレスレットってどっちの手にするといいんですか?」というものがあります。
もちろんお好みで……腕時計をする・しない、利き手などによってご自身の落ちつくほうの手でいいと思うのですが、よく言われるのが「左手は受け取る手、右手は放出する手」。
石のパワーを吸収して自分の中に蓄えたいときはリングやブレスレットを左手にし、魅力や能力を発揮したい、アピールしたい、という時は右手にするといいと言われます。
確かにちょっと気持ちが高ぶって落ちつきがないなあと思うとき、浄化・鎮静に効く石を左手につけるとなんとなく冷静になれますし、大ぶりでパワフルな石を右手につけると”今日の私、カッコイイかも♪”と気分がノッてきたりも。
最近は石に加え、ネイルに更紗などの紋様(古来より縁起が良い、パワーがあるといわれているパターン)をプラスして、爪からもいい気を出し入れしちゃおうとトライしています。
なにしろ指先は人体の末端にあるアンテナですからね。
”確かに何か出てそう…!”といろんな人に言われてますが、どなたか何か見えたら(笑)教えて下さいね。

Leave a message

*fields are required.

*


CAPTCHA

*

*

Confirm your input and press "Submit" button.